大人のためのオーラルケア

大人のためのオーラルケア

健康な歯を保つためには、普段のケアが大切です。

クリニカルケア

PMTC(プロフェショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

患者さんだけではコントロールしきれない部位を見つけ出し、そこを専門家が管理

口腔内の良好な状態を維持管理するためにはメンテナンスは欠かすことができません。
現在歯科の分野でも予防医学が発展し、患者さんのホームケアを中心としたプラークコントロールだけでは、 健全な口腔衛生状態を保つことが難しいことが明らかになってきました。 患者さんだけではコントロールしきれない部位を見つけ出し、そこを専門家が管理していくことが皆様の健康を維持するための最前の方法であると考えます。

PMTCとは歯科医師・歯科衛生士によって行われる器機的なプラークコントロールの方法です。 キーリスク部位の歯間隣接を重点に清掃・研磨していくことで、ウ蝕や歯周病を抑制する効果的な方法です。

イラスト:PMTC 1

イラスト:PMTC 2

イラスト:PMTC 3

ジェトポリッシャー

歯の汚れ(着色、やに)などが気になる方に最適です。
ジェトポリッシャーを用いて主に歯に付く着色、ヤニを綺麗に落とす方法です。 痛みを感じることなく重炭酸カルシウムの粉末により歯面についた汚れや着色を除去し白い歯に仕上げます。

クリーニング前

クリーニング前

クリーニング後

クリーニング後

お問い合わせはコチラ

ホワイトニング

歯に漂白薬を作用させて白くする方法です。歯はほとんど傷めずに白くできる方法として現在注目されております。
しかし、まだ歴史も浅く、治療法の確立された分野ではありません。
当クリニックでは研究を続けながら、よりよい漂白法を行っておりますが、”ぬけるような白い歯”を得るには至っておりません。
現在のご自身の歯よりは白くなることをお約束出来ますが、「どの程度白くなりますか?」という質問には個人差もあり、治療後の白さを明示出来ないのが現状です。 特に変色の濃い歯や、歯面に縞模様(黄縞)のあるもの、エナメル質形成不全で歯の表面がデコボコしている状態の方は白くなりにくい、あるいは白い歯になっても表面のデコボコは変わりありません。
また、エナメル質の白濁は取れません。そのため滑らかに輝く白い歯を求めている方は人工歯による改善を行った方がより美しい歯になる場合もあります。 しかし天然歯に勝る歯はありません。出来る限りご自身の歯を白く輝かせ一生自分の歯で人生を支えて頂きたいと考えています。
そのためには十分なカウンセリング十分なご理解を頂いた上で漂白治療をお受けいただきたいと思います。

ホワイトニングには3つの方法があります。
  1. 虫歯等で神経を失った歯の漂白:歯の内部に薬剤を入れて漂白します。
  2. オフィスブリーチ:歯科医院で歯の表面に薬剤を塗布して漂白する方法です。
  3. ホームブリーチ:マウスピースのようなトレーに薬剤を入れ、就眠時に装着して漂白する方法です。

いずれの方法も歯のクリーニング(PMTC)と術後のメンテナンスが必要です。

ホワイトニング前

ホワイトニング前

ホワイトニング後

ホワイトニング後

ホームケア

自宅で簡単に出来るホームケアも普段から行いましょう

  • 自分にあった治療法を選びたい方はこちら
  • 矯正歯科医院の選び方はこちら
  • 費用が気になる方はこちら

お問い合わせはコチラ